ジャパンBBQカレッジ主催、BBQマスター養成講座「BBQ MASTER’S ACADEMY(バーベキュー マスターズ アカデミー)」の内容をご紹介します。
BBQをもっと深くもっと広く学習したい時には是非受講してください。
開講スケジュールは🔗こちらでご確認ください。

<プログラム内容>
10:00 開講式
10:10 カリキュラム№1 ~ 自分の炭火焼きを振り返る
11:30 カリキュラム№2 ~ 炭火の特性でお肉を焼いてみる
13:00 座学 ~ BBQを科学的に学習する
①BBQとは何か?~BBQの歴史・文化と、日本のBBQの特徴を知る
②熱の特性と焼き方の違い~炭火焼、鉄板、ダッチオーブンの調理を知る
③効率の良い調理技術~直火焼きの技術を知る
④BBQギアの使い方、選び方
⑤その他BBQに関する基礎知識
※座学には専用テキストを使用しますので、復習が可能です。
14:30 カリキュラム№3 ~ 応用技術を用いてお肉を焼いてみる
15:30 卒業テスト ~ 学習した技術を用いて課題を焼いてみる
16:30 閉講式(バチェラー認定式)
※上記内容は具体例です。
※スケジュール及びカリキュラムは変更になる場合があります。


<BBQマスターとは>
BBQ MASTER’S ACADEMYを受講するとジャパンBBQカレッジが”BBQ BACHELOR(バチェラー)会員”として認定します。
これはこのセミナーで”BBQを学んだもの”という認定となります。
また食品衛生に関する資格を有する場合は、それと合わせて申請頂きますと”BBQマスター会員”として認定しています。これは”BBQの基礎知識を学習し、さらに食品衛生知識も得た人物”として認定するものです。
これらの認定された方には、BBQの基本知識を持って、以後は会員ご自身でBBQをさらに広く深く研究し、BBQを発信し、これから始める方や悩みを抱える方に伝承して頂く一翼を担って頂ければと思います。


<開講の主旨と狙い>
BBQの歴史は古く、また世界各国に広く伝播し発展してきた調理法です。語源的には「直火焼きの調理法」であり、世界各地で原始から継承され、それぞれに進化、発展してきた調理法です。
現代社会は電気やガスを熱源とした調理器具が発展し、またオーブンや電子レンジなどの普及により調理が簡便になった一方で、家庭からは木炭や薪を使った”直火焼き”や”かまど調理”が消え、直火焼きの調理法は”BBQ”というレジャーとして”非日常”的に楽しまれるにとどまっているのが現状です。
身の回りの調理法が簡単便利になる一方で、直火焼き調理法はますます遠い調理法となり、今では”炭火のおこし方がわからない”などの理由から親しむ機会の少ないものとなってしまいました。結果、当然のことながら、直火焼きでの調理の経験も技術も学ぶ機会を失っております。
調理の簡便化はこの直火(焼き)調理にとどまらず、”食物”そのものを知る機会をも失い、基本的な食物の知識も同時に失われつつあります。食物を知ることは自然環境を知り、自分の生まれ育った郷土の歴史や風土を知ることです。
一過性で目まぐるしく移り変わるブームに翻弄され、デジタル化による即時性が優先される現代において、”自然の中で、自然の力を利用し、自然に育まれた食材を、悠久の歴史の調理法で、食すこと”は、この時代だからこそ重要なのです。
BBQを学ぶことは、悠久の歴史を振り返り、現代で活かし、そして後世に継承すること。そんな思いを込めて”BBQ MASTER’S ACADEMY”を開講しています。


BBQ MASTER’S ACADEMY
専用 TEXT BOOK